スマホ最新ニュース

5/27
ドコモの2画面スマホ「MEDIAS W N-05E」、ソフト更新でタッチパネル操作のバグを修正

NTT ドコモは、画面が2つという異色デザインの Android スマートフォン「MEDIAS W N-05E」(NEC カシオモバイルコミュニケーションズ製)についてアップデート用ソフトウェアの提供を開始した。このアップデートを適用すると、タッチパネル操作に関するバグを修正できる。

3/23

スマホで「CMキャッチ」

テレビの番組やCMの音声をスマートフォン(スマホ)が認識するとポイントやスマホゲームのキャラクターなどの特典を得られる――。テレビ業界で今、こんなスマホ連動型の視聴喚起策が広がっている。視聴者にも「CMキャッチ」などの名称で浸透し始めており、CMを視聴して特典を入手しながら積極的に広告主のサイトを閲覧する動きも見られる。

12/12

2012年スマホアプリ市場

スマホアプリビジネスの急激な伸びは、アプリマーケットにおける日本の存在感の高まりも示している。
事実、アプリの分析を行う「App Annie」が米国時間の2012年11月29日にまとめた調査結果によると、2012年10月の地域別モバイルアプリの売り上げで日本が米国を抜いて1位になったと公表されている。

12/10

スマホ普及で通販市場が急成長へ

民間の調査会社「富士経済」によりますと、ことし1年間の通信販売の市場規模は、インターネット、スマートフォン、それにテレビ通販やカタログ通販などを合わせて、およそ7兆5200億円に上ると予測しています。
これは、去年1年間の全国のデパートの売り上げの6兆1500億円余りを上回り、過去最高に達する見通しだとしています。

09/13

AppleがiPhone5発表

米国で行われたアップルの発表では、日本でも9月14日より予約受け付けを開始し、9月21日に発売を開始する予定。
iPhone 5の厚さは7.6mmで、iPhone 4Sよりも18%薄く、重さは112gと20%軽くなり高速通信LTEに対応。

08/30

サムスン、Windows Phone 8搭載スマートフォン「ATIV S」を発表

CNET Japan

サムスンは現地時間8月29日、世界初の「Windows Phone 8」搭載スマートフォン「Samsung ATIV S」を発表した。
ATIV Sは、スリムなデザインに4.8インチのSuper AMOLED HDディスプレイを搭載し、1.5GHzのデュアルコアプロセッサが採用されている。42MbpsのHSPA+にも対応する。
また、背面にはオートフォーカス機能やLEDフラッシュを搭載した8メガピクセルのカメラが、前面には1.9メガピクセルのカメラが搭載されている。

08/29

ドコモ、中国製スマホを日本投入

SankeiBiz

NTTドコモが、中国ファーウェイ(華為技術)製のスマートフォン(高機能携帯電話)を10月以降に国内販売することが27日、分かった。
ドコモが中国製スマホを市場投入するのは初めて。
最大毎秒75メガビットの高速データ通信「Xi(クロッシィ)」に対応するほか、電源オフ状態から起動するまでわずか5秒と短時間なのが特徴だ。

04/12
格安学割スマートフォンサービスタダスマ

株式会社オーシャナイズ(本社:東京都渋谷区、社長:菅澤 聡、以下:オーシャナイズ)は、大学生を対象に、データ通信スマートフォン「タダスマ」の申込受付を4月12日(木)より開始します。
「タダスマ」は、大学生限定の端末料金、初期事務手数料、基本使用料、そしてテザリング料が無料のデータ通信専用スマ−トフォンです。
さらに、パケット料金は一般的な学割料金を大幅に下回る画期的な料金プランです。
2006年4月よりサービスを開始している大学生向け無料コピーサービス 「タダコピ」と同様に、広告を掲載することで格安な料金設定を実現しています。


04/11
スマホでタクシー配車 岡山

両備タクシーセンター(岡山市南区)は10日、多機能携帯電話「スマートフォン」(スマホ)を使ってタクシーを配車予約できるサービスを中四国地方で初めて開始した。衛星利用測位システム(GPS)機能を使い、簡単な操作で最寄りの車両を配車する。

日本交通(東京)と日本マイクロソフト(同)が展開する無料アプリ「全国タクシー配車」のサービス。全国22都道府県、30のタクシーグループが提携。両備は岡山市内を運行する4社の車両440台が対象で、配車の効率化が期待される。指定場所に最寄りのタクシーを配車予約でき、車両番号や到着予定時刻を表示。目的地までの料金検索や乗務員の評価もできる。

03/02
急増するスマートフォンユーザー、「有料アプリ」の購入・利用実態は?

無料アプリ、有料アプリそれぞれのダウンロード状況を聞いた質問に対しては、「無料アプリのみをダウンロードしている」が60%、「有料/無料アプリともにダウンロードしている」が33%、「有料アプリのみをダウンロードしている」が1%という結果になった。ユーザーのうち3人に1人は有料アプリを利用していることになる。なお、「ダウンロードしているアプリの数」は、「無料アプリ」の平均が24個、「有料アプリ」の平均が6個という結果になっている。

また、ダウンロードしているアプリのジャンルについては、無料アプリでは1位から「交通・ナビゲーション」(68%)、「ゲーム」(66%)、「ニュース・天気予報」(59%)が上位に挙がり、一方で有料アプリでは「ゲーム」(55%)、「ビジネス・仕事効率」(29%)、「辞書・学習系」(26%)が上位となった。

03/02
ソニー、スマホ+HDオーディオ対応の2.1chシアター発売

ソニーは、スマートフォンやPCとの連携を強化し、ドルビーTrueHDやDTS-HD Master Audioなどにもフル対応した2.1chシアターシステム「HT-FS30」を4月28日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は23,000円前後。


03/02
レコチョク、ソフトバンクモバイルのAndroid(TM)搭載スマートフォン向けに「待ちうた(R)」サービスの提供開始

「待ちうた(R)」サービスは、電話をかけてきた相手への呼び出し音に、「プルル・・・」と鳴る通常音の代わりに、好きなアーティストの楽曲を流せるサービス。相手によって曲を変えることも可能なうえ、他社携帯電話やPHS、固定電話などから電話をかけてきた相手にも流すことが可能。


スマホアプリトップ

(C)オススメ人気スマホアプリ
2011All Rights Reserved.